←トップ頁へ

和名 ニカワホウキタケ
漢字表記 膠箒茸
別名・異名
古名
語源 和名は、表面が半透明であり、形状が箒状であることから。/属名は、ギリシャ語のcallos(=美しい)とcerato(=角)の合成語から。/種小名は「稔性のある」の意。
学名 Calocera viscosa
英名 Yellow stagshorn 現在写真はありません。
お持ちの加多、ご提供下さい。
連絡先はメニュー頁にあります。
 
仏名 Calocère visqueuse
独名 Klebrige Hörnling
伊名
西名
葡名
漢名 胶角耳
植物分類 アカキクラゲ科ニカワホウキタケ属
園芸分類 担子菌類
用途
原産地 北半球温帯以北
花言葉
解説 ニカワホウキタケはアカキクラゲ科のキノコである。概して夏~秋に、針葉樹の朽木上に発生する。高さは2.5~5㎝程度。二股分枝を1~数回繰り返し、樹枝状で束生する。表面はやや稔性があり、黄色~鮮橙色となる。本種はホウキタケに似ているが、ホウキタケのように脆くは無い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考