←トップ頁へ

和名 ニガクリタケ
漢字表記 苦栗茸
別名・異名
古名
語源 和名は、苦味を持つクリタケ(Naematoloma sublateritium)の意。/名はギリシャ語のnaema(=糸)とloma(=緑)の合成語からで、この属のキノコに糸状の鱗片を持つ存在がある事からという。/種小名は「小さな束状の」の意。
学名 Naematoloma fasciculare
英名 Sulphur tuft,Sulful tuft,
Clustered woodlover
仏名
独名
伊名 Naematoloma fasciculare
西名 Hifoloma de láminas verdes
葡名
漢名 簇生韌傘簇生沿絲傘
植物分類 モエギタケ科クリタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 有毒キノコ
原産地 汎世界的
花言葉 群馬県館林市にて
解説 ニガクリタケは、モエギタケ科のキノコである。春~秋にかけて、朽ちた樹木や倒木に群生することの多いキノコである。傘は2~5㎝程度の饅頭形~平開する。表面は湿り気を帯び、硫黄色をしている。ひだは密にあり、初めはオリーブ色であるが、やがて紫褐色へと変化する。柄の長さは5~12㎝程度で、傘と同色。食用不可。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考