←トップ頁へ

和名 ナメコ  
漢字表記 滑子
別名・異名
古名
語源 和名は傘の表面が粘膜質に覆われていて滑らかであることから。/属名「鱗片のある耳」の意。/種小名は和名から。
学名 Pholiota nameko
英名 Nameko
仏名
群馬県沼田市にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名 珍珠菇、光滑环锈伞、光帽黄伞、滑菇、滑子蘑、珍珠菇
植物分類 モエギタケ科スギタケ属
園芸分類 担子菌
用途 食用可
原産地 日本/台湾/中国
花言葉
解説 ナメコはモエギタケ科のキノコである。概してブナ等の広葉樹の枯幹、倒木、切り株に発生する腐朽菌である。傘は3~8㎝で、幼菌は半球形で、まるで濡れているかのように見えるほどの粘質性の膜で覆われている。その膜は傘が開くと破れる。粘液質は成熟に伴い消えてしまう。傘の中央部は茶褐色で、周辺部は褐色。柄の長さは2~8㎝程度。肉は淡黄色~淡褐色で、襞の色は灰色。
履歴 かつては日本特産種とされたが、その後、中国や台湾にも発生することが確認されている。
県花・国花
古典1
古典2 『本朝食鑑』
季語 冬(ブナ)
備考