←トップ頁へ

和名 マツタケモドキ
漢字表記 松茸擬
別名・異名 マツタケノオバサン
古名  
語源 和名はマツタケに似ているが、小形であり、独特なマツタケ臭がないことから。/属名は、ギリシャ語のthrix(=毛)とoma(=縁)の合成語で、辺縁に毛があるため。/種小名「頑丈な」の意。
学名 Tricholoma robustum
英名 Robust knight
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 粗壮口蘑
植物分類 キシメジ科キシメジ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 北半球温帯以北 栃木県佐野市市にて
花言葉
解説 マツタケモドキはキシメジ科のキノコである。概して秋にマツタケよりも遅れてアカマツ・ツガ・コメツガ等の針葉樹林の地面に群生が見られる。語源の項にも記したが、マツタケに似ているが小形で傘の径は4~10㎝程度、不凹面は赤褐色で小鱗片がささくれている。柄は長さ3~10㎝程度で、基部では急に細くなる。ひだは、白色で、湾生し密につき、傷つくと褐色のシミが出来る。肉は白色で無味無臭。肉は加熱すると黒ずんで来る。
履歴
県花・国花
古典
古典1
古典2
季語
備考