←トップ頁へ
和名 マイタケ
漢字表記 舞茸
別名・異名
古名   
語源 和名は形状が舞を舞っているかのようだからと言う。/属名はイタリア語のglifore(=キノコの俗称)から。/種小名は「葉状の」の意。
学名 Grifola frondosa
英名 Hen-of-the-Woods,
Ram's Head and Sheep's Head
仏名 Polypore en touffers,
Poule desbois
独名 Gemeine Klapperschwamm
Laubporling
Spatelhütiger Porling,
Maitake
伊名 Fungo maitake
西名 Hongo maitake
葡名 Maitake 撮影者:東京都 中村利治様
漢名  灰樹花  撮影地:筑波実験植物園 
植物分類 タコウキン科マイタケ属
園芸分類 多孔菌類
用途 食用
原産地 温帯以北
花言葉
解説 マイタケはタコウキン科のキノコである。概して秋にミズナラ、ブナ、クリ、シイ等の広葉樹の大木の根元に毎年発生し、心材を腐らせる腐朽菌である。本種は1本の柄が何度も分枝し、その先に3~10㎝の舌状、へら状、扇状の傘が幾重にも広がるように重なる。全体的には10~40㎝に至るハボタン状またはマツカサ状となる。表面には放射状の皺がある。縁は波を打つ。上面は灰色~褐色で、下面は白色多数の管孔がある。食用キノコとしては、マツタケに並んで人気の高い存在である。近年は、人工栽培が可能となり、店頭にも並ぶようになっている。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考