←トップ頁へ
和名 マゴジャクシ
漢字表記 孫杓子
別名・異名
語源 和名は先端の曲がった竹や木の棒を「孫の手」と称すると同様にこの茸の形状を杓子にたとえたものと推測される。/属名はギリシャ語のganum(=つや)とderma(=皮)の合成語で、傘の表に艶があることから。/種小名はマンネンタケの仲間で「紫芝」の学名がGanoderma japonicumであったたために「新しい」の意の接頭語をつけたもの。
学名 Ganoderma neo-japonicum
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 マンネンタケ科マンネンタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 飾り物/薬用
原産地 日本(固有種) 撮影者:東京都 中村利治様
花言葉 国立科学博物館附属自然教育園にて
解説 マゴジャクシはマンネンタケ科のキノコである。マンネンタケの近縁種であるが、マンネンタケが広葉樹の根元や切り株に発生するに対して、本種はモミ・マツなどの針葉樹の根株に発生する。また、マンネンタケは北半球の温帯地域に広く分布するが、本種の場合、我が国の固有種である。傘は径5~12㎜程度で、表面は同意神円状の浅い溝がありる。また、放射状の皺も見られる。色は紫褐色~黒紫色。カサノ表面はニス状の光沢がある。柄は傘の中央~側方につき長さ5~20㎝程度。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考