←トップ頁へ

和名 クロハツ
撮影地:群馬県館林市
漢字表記 黒初
別名・異名
語源 和名は、傘が黒いハツタケ形のキノコの意。/属名はラテン語のrussus(=赤色)を語源としている。/種小名は「黒くなった」の意。
学名 Russula nigricans
英名 Bkackening brittlegill,
Blackening russula
仏名 Russule noircissante
独名 Dickblättriger Schwarztäubling,
Dickblättriger Schmutztäubling
伊名 Russula nigricans
西名 Rusula negruzca,
Cualbra carbonera
葡名   
漢名 黒紅菇
植物分類 ベニタケ科ベニタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用可(※)解説欄参照。
原産地 北半球
花言葉
解説 クロハツは、ベニタケ科のキノコである。概して夏~秋に広葉樹林内地上に発生する。傘は径5~20㎝程度で、初めは頂部が幾分凹んだ饅頭形で、後に開いて平らになり、さらには漏斗形へと変化する。傘の表面は始め白色で、成長と共に黒ずんで来る。肉は空気に触れると赤色を経て黒色へと変化する。ひだは始め白色、やがて黒色となる。本種のひだは幅が広く、疎生する。柄は太く、傘と同色で、とても硬い。※本種は食用可とされるが、猛毒のニセクロハツと良く似ており、食べないことが無難と言える。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考