←トップ頁へ

和名 クリタケモドキ
漢字表記 栗茸擬
別名・異名
古名
語源 和名は、クリタケに似ているが別のキノコであることから。/属名はギリシャ語のhypo(=下)とloma(=縁)の合成語から。/種小名は、「煤けた色の」の意。ひだの色を示している。
学名 Hypholoma capnoides (=Naematoloma capnoides)
英名 Conifer tuft
仏名

Hypholome à lames enfumées

独名 Graublättriger Schwefelkopf Pilzrut
伊名
西名
葡名 筑波実験植物園にて
漢名 橙黄褐韌傘
植物分類 モエギタケ科クリタケ属(←ニガクリタケ属)
園芸分類 担子菌類
用途 食用可
原産地 北半球温帯以北
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様
解説 クリタケモドキは、モエギタケ科のキノコである。概して秋に、主として針葉樹の枯れ木等に発生するキノコである。因みに、クリタケは概して広葉樹の枯れ木等に発生する。傘は径6㎝程度までで、初め半球形で、やがて平開する。傘の表面は淡黄褐色~黄褐色で、傘の縁部は淡色となる。襞はやや密で、はじめ褐色であるが、やがて紫褐色~灰褐色へと変化する。柄は、長さ5~7㎝程度で、上部は白色~黄白色で、下部は錆茶色となる。この属のキノコには苦味の強いものが多いが本種の場合、苦味はないという。
履歴 本種の自生写真をお持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考