←トップ頁へ

和名 クリタケ
漢字表記 栗茸
別名・異名 キジタケ/アカンボウ
古名
語源 和名は、栗色をしているからの命名と推測される。/属名はギリシャ語のhypo(=下)とloma(=縁)の合成語から。/種小名は、「ほぼレンガ色の」の意。
学名 Hypholoma sublateritium (=Naematoloma sublatertium)
英名 Brick Cap
仏名

Hypholome couleur de brique

独名 Ziegelrote Schwefelkopf
伊名
西名
葡名
漢名 磚紅韌黑傘
植物分類 モエギタケ科クリタケ属(←ニガクリタケ属)
園芸分類 担子菌類
用途 食用可
原産地 北半球温帯以北
花言葉 群馬県館林市:茂林寺沼畔にて
解説 クリタケは、モエギタケ科のキノコである。概して秋に、主として広葉樹の切り株や倒木等に群がって発生するキノコである。傘は初め半球形で、やがて平開する。傘の表面は黄褐色~赤褐色で、その上に白色の繊維がかすかに覆い、湿り気のある時は、幾分粘着性を示す。。傘の径は3~8㎝程度。襞はやや密で、はじめ白色やがて淡紫褐色へと変わる。柄は長さ5~10㎝で、中空。柄の上部は白色で下部には栗色の繊維模様がある。肉色は黄白色。
履歴
県花・国花
古典1 『日本書紀』
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考