←トップ頁へ

和名 コテングタケ
栃木県壬生町にて(幼菌)↓ 
漢字表記 小天狗茸
別名・異名 撮影地:群馬県館林市
古名 幼菌→
語源 和名は、テングタケの仲間であるが、小形種だから。/属名は、小アジアの地名のAmanus山脈に産することに因んでいるという。/種小名は、「紅紫色の」の意。
学名 Amanita porphyria
英名 Gray veiled Amanita
仏名 Amanite porphyre
独名 Porphyrbraune,Purpurbraune,
Rotbrune Wulstling
伊名 Aminata porphyria
西名 Amanita purpúrea
葡名
漢名 褐云斑傘
植物分類 テングタケ科テングタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用不可(有毒)
原産地  日本を含む北半球全般 
花言葉
解説 コテングタケはテングタケ科のキノコである。概して夏~秋にかけてアカマツ林等の林床に発生する。傘は径3~7㎝、表面はネズミ色~灰褐色である。ひだは白色で密につく。柄は長さ7~10㎝程度で、白色。白色から濃灰色のつばを付ける。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考