←トップ頁へ

和名 キツネタケ
撮影者:ポルトガル在住 
武本比登志/睦子様
  撮影地:ポルトガル・セトゥーバル郊外
漢字表記 狐茸
別名・異名
語源 和名は、狐色をしているキノコの意からか?/属名はギリシャ語のlaccaria(=塗装した)の意。/種小名は「塗装をした」の意。
学名 Laccaria laccata
英名 Deceiver,Waxy laccaria
仏名 Clitocybe laqué
独名 Rötlicher Lacktrichterling
伊名 Laccaria laccata
西名 Lacaria lacada
葡名
漢名 红蜡蘑
植物分類 キシメジ科キツネタケ属
園芸分類 担子菌類
用途  食用
原産地 汎世界的
花言葉
解説 キツネタケは、キシメジ科のキノコである。春~秋にかけて林地の地上に発生する。傘は径1.5~3㎝程度で、饅頭形→平開する。傘の中央部は下方に凹む場合もある。表面は淡赤褐色~赤茶色で、傘の中央部に微少な鱗片をつける。傘の周辺は、やや扇面状で、条線があり、古くなると細裂することがある。ひだは淡肉色で、厚味があり、疎らで、柄に直生する。柄は、傘とほぼ同色の棒状で中実、基部に白色の菌糸毛がある。本種は、形状並びに色の個体差が大きいと言われている。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考