←トップ頁へ

和名jp キツネノロウソク
群馬県館林市・多々良沼公園にて


漢字表記 狐蝋燭
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、全体的な形状からの命名と推測される。
属名はラテン語でローマ時代に花嫁が崇拝した男根像を語源としている。
種小名は「犬のような」の意。英名を直訳すると「犬のような悪臭」となり、悪臭を放つことを示している。
学名sn Mutinus caninus
英名en Dog stinkhorn
仏名fr Satyre du chien
独名de Kleine Stinkzwam
伊名it
西名es Falo perruno
Txakur-zakil
Tal-lus caní
葡名pt
漢名ch 狗蛇頭菌
植物分類 スッポンタケ科キツネノロウソク属
園芸分類 腹菌類
用途use 食用不可
原産地
distribution
日本・中国・ヨーロッパ・北米
花言葉
解説
description
キツネノロウソクはスッポンタケ科のキノコである。概して梅雨時~秋にかけて林地、庭等に発生するキノコである。高さは5~15㎝程度となる。幼菌は白色の卵形で裂開して中空、円筒形の単一托を伸ばす。頭部は先端部に小穴を開けた円錐形で濃紅色、表面に皺状隆起を帯び、グレバをつける。グレバは粘液化した暗緑色で悪臭を放つ。柄の部位は、紅色~淡紅色である。
履歴
県花・国花   
古典
季語
備考