←トップ頁へ

和名 キララタケ
漢字表記 雲母茸
別名・異名
古名
語源 和名は、幼菌時に雲母(きらら)のような鱗片が傘に見られる事から。/属名は、ギリシャ語のcopros(=糞)を語源とし、獣糞上等に生えることからと言う。/種小名は「雲母様の」の意。
学名 Coprinellus micaceus 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名 Glistening inkcap,Mica cap
仏名 Coprin micacé
独名 Gllimmer-Tintlig
伊名  Coprinus micaceus 
西名 Coprino micado
葡名
漢名 晶粒鬼傘
植物分類 ナヨタケ科(←ヒトヨタケ科コプリネラス属(←ヒトヨタケ属)
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 汎世界的
花言葉
解説 キララタケはヒトヨタケ科のキノコである。概して、夏~秋に、広葉樹の朽ち木や埋もれ木等に群生から束生する。幼菌時には、雲母(きらら)様の細かい鱗片をつけるが、やがて成長に伴い消失する。傘は径2~4㎝程度で、幼菌時は卵形で、やがて鐘形へと成長し、最後には、傘の縁部は反り返る、表面は淡黄褐色で放射状の条溝がある。ひだは白色だが、老菌になると黒色になって液化する。柄は長さ5~8㎝程度、白色で平滑である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考