←トップ頁へ

検索名  キナコタケ(黄粉茸)   
和名 コガネタケ
漢字表記 黄金茸
別名・異名 キナコタケ(黄粉茸)
古名 幼菌→
語源 和名は、全体的に黄金色~黄土色をしていることから。/属名はギリシャ語のphaeinos(=輝く)とlepi(=鱗片)とoto(=耳)の合成語から。/種小名は、「黄金色の」の意。
学名 Phaeolepiota aurea
英名 golden bootleg, golden cap
仏名
Pholiote dorée
独名 Goldfarbener Glimmerschüppling
伊名 Fungo dei Pirenei
西名 Lepiota del Pirineo
葡名 群馬県館林市にて
漢名 金褐傘
植物分類 ハラタケ科コガネタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用可
原産地 北半球全般
花言葉
解説 コガネタケは、ハラタケ科のキノコである。夏~秋にかけて、林、田畑の畦、路傍等に群生するキノコである。傘は径5~15㎝程度。表面は黄粉(きなこ)をまぶしたように見える。和名や別名の通り、色は黄金色~黄土色である。襞は密につき、初めは黄白色であるが、やがて黄土褐色となる。柄は長さ8~15㎝程度。本種には独特な匂いがある。食用可  
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考