←トップ頁へ

和名 キクラゲ
漢字表記 木耳
別名・異名
古名 キノミミ(岐乃美々・木耳)
語源 和名は、質がクラゲに似ているからと言う。/名はラテン語のauricula(=耳たぶ)の縮小形から。/種小名は「耳たぶ」の意。
学名 Auricularia auricula
英名 Jew's Ear, Jelly Ear,Wood ear
仏名 Oreille de Judas
独名 Judasohr 群馬県館林市にて
伊名 Auricularia auricula-judae
西名 Oreja de Judas
葡名 Orelha-de-judas
漢名 木耳
植物分類 キクラゲ科キクラゲ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 汎世界的
花言葉
解説 キクラゲはキクラゲ科のキノコである。夏~秋にかけて、広葉樹の枯れ木に群生する。形状は、耳状、盃状、円盤状と様々であり、隣同士が癒着することも多い。ゼラチン質で、手触りは薄く切ったコンニャクのようである。大きさは径6㎝、高さ3㎝程度で、背面の一部で樹木に付着する。背面には細毛がある。色は、褐色~暗褐色。本種は、乾燥すると薄く、硬くなる性質を有する。
履歴
県花・国花
古典1 『近松浄瑠璃集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語 夏・秋
備考