←トップ頁へ

和名 キイロイグチ  撮影地:群馬県館林市
漢字表記 黄色猪口
別名・異名
古名
語源 和名は、傘に黄色の粉を被っているイグチの意。/名はギリシャ語のpulvera(=粉状の)とboletus(=イグチ属)の合成語から。つまり、粉質物をもったイグチ属のキノコの意。/種小名は19世紀アメリカ人植物学者Henry William Ravenelへの献名。
学名 Pulveroboletus ravenelii  
英名 Ravenel's bolete,
Powdery sllfur bolete
仏名 Bolet de Ravenel
独名
伊名
西名
葡名
漢名 黄粉牛肝菌
植物分類 イグチ科キイロイグチ属
園芸分類  担子菌類 
用途 食用可
原産地 日本・中国・インドネシア・カナダ・アメリカ・メキシコ・コスタリカ・キューバ
花言葉
解説 キイロイグチは、イグチ科のキノコである。夏~秋に、針葉樹・広葉樹混生林の地上に発生する。概して、コナラ林等に発生することが多い。傘は径4~8㎝、湿時には粘性があり、乾燥時は、レモン色の粉状物質に覆われている。肉は白色で、傷を付けると青色に変化する。管孔部は、初めは黄色であるが、やがて暗褐色へと変化する。幼菌時には、傘裏はレモン色の繊維質の膜で覆われているが、やがて、それは破れて、柄につばとして残るが、それもあまり時間を経ずに消失する。柄は傘とほぼ同色で、長さは4~10㎝程度となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考