←トップ頁へ

和名 ケショウハツ
漢字表記 化粧初
別名・異名 モモハツ(桃初)
語源 和名は、傘の表面が微粉状で濃淡のある赤紫色であることから。/属名はラテン語のrussus(=赤色)を語源としている。/種小名は「紫を帯びた足の」の意。
学名 Russula violeipes
英名 Velvet brittlegill
仏名 Russule à pied violet
独名 Violettstielliger Täubling,
Violettstieliger Pfirsch-Täubling
伊名 Russula violeipes
西名 Rúsula amarillenta,De pie violeta,
Gibel Hori-ubel
葡名   栃木県壬生町にて
漢名 微紫紅菇
植物分類 ベニタケ科ベニタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用可
原産地 日本・アジア~ヨーロッパ
花言葉
解説 ケショウハツは、ベニタケ科のキノコである。概して夏~秋に針葉樹並びに広葉樹の入り混じった樹林の林床に発生する。傘は径5~10㎝程度。当初饅頭形で、やがて平開し、中央部は凹みを見せるようになる。淡桃色の傘の色と饅頭形の幼菌時の姿からモモハツ(桃初)の異名を持つ。傘は湿り気があれば粘性を見せる。表面は微粉状で、黄色地に紫赤の濃淡なる模様を見せるようになる。ひだはほぼクリーム色で、やや密、離生する。柄は長さ4~10㎝程度。柄は微粉状で、白色~淡黄白色地に淡紫紅色のぼかし模様が入る。本種には独特なカブトムシ臭がある。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考