←トップ頁へ
和名 カワリハツ 撮影者:ポルトガル在住 
武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル セトゥーバル郊外
 
漢字表記 変わり初
別名・異名
古名 
語源 和名は、傘色が多彩なハツタケの意。因みに、ハツタケ(初茸)とは、他の食用に魁けて発生することからの命名。/属名はラテン語のrussus(=赤色)を語源としている。/種小名は「青黄色の」の意。
学名  Russula cyanoxantha
英名  Charcoal burner
仏名  Russule charbonnière
独名 Frauen-Täubling
伊名 Colombina maggiore,
Russula maggiore,
Moreleto
西名  Carbonera
葡名 Russula-iridescente,
Russula-azul
漢名 藍黄紅菇
植物分類 ベニタケ科ベニタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地  北半球温帯以北
花言葉
解説 カワリハツは、ベニタケ科のキノコである。概して夏~秋に広葉樹林地に発生が見られる。(ブナ科やカバノキ科等の樹林下に多く発生する。)傘は、径6~12㎝程度となる。表面には粘性があり、色は、黄色・黄緑色・青緑色・緑褐色・紫褐色・暗紫赤色と多彩であることが和名の所以ともなっている。更に、傘色は、淡色ばかりでは無く多数の色が混色し、斑紋状となることも多い。傘は、ひび割れすることも多い。襞は白色でやや密生し、柄に直生~垂生する。柄の表面は白色である。柄は、棒状で、下方が細くなる。肉は白色で、無味無臭。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考