←トップ頁へ

和名 カワラタケ
漢字表記 瓦茸
別名・異名
古名
語源 和名は、瓦状に重なって生えることから。/名は「柔らかい皮」の意。/種小名は「斑入りの、種々の色のある」の意。
学名 Coriolus versicolor
英名 turkey tail
仏名 parfois Coriolus versicolor, polypore versicolore
独名 Schmetterlingstramete
伊名 Coriolus
西名 Coriolus ↑栃木県佐野市:三毳山にて↓
葡名
漢名 雲茸、雲芝、彩絨栓菌
植物分類 タコウキン科カワラタケ属
園芸分類 多孔菌類
用途 食用/薬用
原産地 汎世界的
花言葉
解説 カワラタケは、タコウキン科のキノコである。概して枯れ木に名前の通り瓦状に重なって群生する。傘は、ほぼ半円形で、径1~5㎝程度。表面は黒、灰色、黄褐色等をした微毛が交互に円心状に密生する。管孔部は白色~淡灰褐色、肉は革質。我が国では普通に見られる木材腐朽菌である。この菌におかされると材は白色に腐植する。一説には、制癌効果があると言われている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 栃木県真岡市にて→
季語
備考
    撮影者:東京都 中村利治様↓ 
   
   
   撮影地:東京都・夢の島公園