←トップ頁へ

和名 カンゾウタケ
漢字表記 肝臓茸
別名・異名
古名
語源 和名は、形状・色合いが臓器の肝臓に似ていることから。/属名はギリシャ語のfistula(=管)とlinon(=糸)の合成語からで、「細い管」の意。管孔の様子を示している。/種小名は「肝臓の」の意。
学名 Fistulina hepatica
英名 Beefsteak fungus,
Beefsteak polypole,
Ox tongue
撮影者:武本比登志/睦子様:
ポルトガル・セトゥーバル在住
 
撮影地:ポルトガル・バイラーダ地方 
仏名 Fistuline hépatique,
Foie de bœuf,
Langue de bœuf
独名 Eichen-Leberreischling,
Leberpilz,
Oschsenzunge
伊名 Lingua di bue
西名 Hongo bistec,
Lengua de buey,
Polypore bistec
葡名 Língua-de-vaca,
Língua-de boi,
Gasalho
漢名 牛舌菌
植物分類 カンゾウタケ科カンゾウタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用(※)
原産地 汎世界的
花言葉
解説  カンゾウタケはカンゾウタケ科のキノコである。因みにカンゾウタケ科は1属2種の小さな科となっている。本種は、夏場の梅雨時~秋に、広葉樹根元部位辺に発生するキノコである。柄は短く基部が細くなる。或いは、柄は無く、側生する場合もある。傘は径5~30㎝程度で、扇形~篦形、不規則な楕円形等となり、成熟すると周囲は波を打ち、幾分反り返る。英名にOx tongueとあるように、一見して「牛の舌」様の形状、色合いであると言える。表面はざらつき、色は赤色~赤褐色となる。肉は、新鮮な時には多汁で赤い液を出す。傘の裏面は独立した細い管の集まりとなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考