←トップ頁へ

和名 カニノツメ
漢字表記 蟹爪
別名・異名
古名
語源 和名は、色・形状とから。/属名はラテン語のclathra(=格子)を語源としている。/種小名は「柱のあるの」の意。
学名 Clathrus columnatus(=Linderia bicolumnata)
英名 Column stickhoron
仏名    撮影者:東京都 中村利治様↑ 
独名
伊名 筑波実験植物園にて
西名
葡名
漢名 柱状籠頭菌
植物分類 アカカゴタケ科カニノツメ属
園芸分類 腹菌類
用途
原産地 汎世界的
花言葉
解説 カニノツメはアカカゴタケ科のキノコである。概して春~夏に、有機質に富んだ林地や林内の地上に生えるキノである。幼菌は径1.5~2㎝程度の卵形で白色、やがて裂開して高さ3~8㎝程度の柱を出す。傘と柄の区別はなく、頂部で合着する2本の腕が卵状の幼菌から突き出る。腕は淡桃黄色から橙色で、上部は赤味が強くなる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考