←トップ頁へ

和名 カバイロツルタケ
群馬県館林市にて 
漢字表記 蒲色鶴茸
別名・異名
古名
語源 和名は、蒲色(ガマの穂の色)をしているツルタケの意。/属名は、小アジアの地名のAmanus山脈に産することに因んでいるという。/種小名は、「黄色っぽい褐色の」の意。
学名 Amanita fulva
英名 Tawny grisette
仏名 Amanite fauve
独名 Rotbraune,Fischsige Streifling
伊名 Bubbolina rigata
西名 Amanita enfundada
葡名 Laranja-branca
漢名 赤褐鹅膏菌
植物分類 テングタケ科テングタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地  日本を含む北半球全般 
花言葉
解説 カバイロツルタケはテングタケ科のキノコである。概して夏~秋にかけて広葉樹林に発生の見られるキノコである。ツルタケに良く似ているが、傘の色に違いがある。傘は橙褐色~赤褐色で、中部は濃色となる。傘は径3~8㎝程度。周辺は放射状に溝腺がつく。ひだは白色で柄に離生する。柄は長さ10~20㎝程度で中空である。柄は傘より淡色となり僅かに鱗片を持つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考