←トップ頁へ

和名 ガンタケ
漢字表記 雁茸
別名・異名 イロガワリテングタケ(色変天狗茸)
古名
撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル アレンテージョ地方      
 
語源 和名は、傘の色が雁にいていることから。/属名は、小アジアの地名のAmanus山脈に産することに因んでいるという。/種小名は、「赤くなる」の意。
学名 Amanita rubescens
英名 Blusher nmushroom
仏名 Amanite rougissante
独名 Perlpilz,
Rötenderr Knollenblätterpilz,
Rotender Wulstling,
Perlen-Wulstling
伊名 Tignosa vinata,
Tignosa rosseg giante
西名 Amanita rozjiza,
Amanita vinosa
葡名 Amanita-rubescente,
Amanita vinosa
漢名 赭蓋鹅膏菌
植物分類  テングタケ科テングタケ属 
園芸分類  担子菌類 
用途  生食不可。 
原産地   日本を含む北半球全般 
花言葉   
解説 ガンタケはテングタケ科の概して夏~秋に、コナラ・ナラ・ブナ・松林などの林床に発生するキノコである。傘は径5~15㎝で、幼菌時は半球型、やがて、鐘形を経て皿状へと変化する。表面は赤褐色から暗赤褐色で、表面に小さな灰褐色の外皮膜のかけらをつける。襞は白色で、やや密につく。柄は長さ7~20㎝程度で、下方に行く程太くなる。根元部位は球状に膨らむ。柄の表面は淡赤褐色で、ささくれが目立つ。本種は、全体的に傷つくと赤変する。そのため、我が国ではあ「イロガワリテングタケ」の異名をも有する。本種は、毒性の強いテングタケと良く似ているが、テングタケの場合には、傷をつけても赤変しない。本種は生食では有毒であるが、加熱調理をすれば食用は可ととされる。だが、テングタケと類似しているので、要注意ということになる。
履歴 本種は、南半球のオーストラリアでは帰化状態にある。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考