←トップ頁へ

和名 ホウロクタケ
漢字表記 焙烙茸
別名・異名
古名
語源 和名は、形状が、平たいので、かつて調理器具として用いた「ホウロク(焙烙)」に似ていることから。/属名は、ギリシャ語からで「もつれた、迷路のような」の意。/種小名は明治期に日本に滞在したイギリス人医師Frederick V.Dickinsの名に因んでいる。彼は、滞在中に、我が国の植物を採集している。
学名 Daedalea dickinsii
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 白肉迷孔菌
植物分類 タコウキン科ホウロクタケ属
園芸分類 多孔菌類
用途
原産地 日本・台湾・朝鮮半島・中国・印度
花言葉  撮影者:東京都 中村利治様
解説 ホウロクタケはタコウキン科の1~多年生のキノコである。概して無柄側生のキノコであるが、時には基部でつながることもある。傘は、概して長さ5~20㎝程度の半円形で、厚味は1~2㎝程度となる。全体的にコルク質で年を重ねたものは暗褐色となる。傘の表面には浅い環溝が現れる。管孔は円形~多角形で、学名にも示されているように迷路状・薄葉状となる。本種は,ナラやカシ類の褐色腐朽菌である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考