←トップ頁へ

和名 ヒトヨタケ
漢字表記 一夜茸
別名・異名
古名
語源 和名は、成長変化が急速なために、一両日中に消えてしまうほどであるとの意味からの命名。/属名は、ギリシャ語のcopros(=糞)を語源とし、獣糞上等に生えることからと言う。/種小名は「黒インク状の」の意。
学名 Coprinus atramentarius
英名 common ink cap,inky cap
仏名 Coprin noir d'encre
独名 Grauer Faltentintling
伊名 Fungo dell'inchiostro
西名 hongo tintero, antialcohólico
葡名
漢名 墨汁鬼傘
植物分類 ヒトヨタケ科ヒトヨタケ属
園芸分類 菌植物
用途 備考欄参照
原産地 汎世界的に分布
花言葉
解説 ヒトヨタケは、ヒトヨタケ科のキノコである。概して春~秋にかけて広葉樹の朽ち木等の埋もれた畑地、路傍、公園などに自生する。傘は、始め卵形、やがて鐘形、更に菅笠状へと変化を見せる。傘の径は5~8㎝程度で、灰色~灰褐色、中央部には鱗片、周辺部には条溝を持つ。柄は長さ70~20㎝程度で、下端部分につばを持つ場合もあり、持たない場合もある。ひだは、成熟とともに白色~紫灰色~黒色へと変化し、最後には、ひだも傘も黒インク状に液化して滴り落ちてしまう。
履歴 群馬県館林市:彫刻の小径にて
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 本種は、アルコールと同時に食べると中毒症状を起こす。アルコール抜きならば食用可。