←トップ頁へ

和名 ヒメスギタケ
漢字表記 姫杉茸
別名・異名
古名
語源 和名は、小形のスギタケ(Pholiota flammans、モエギタケ科スギタケ属)の意からかと推測される。
学名 Phaeomarasmius erinaceella 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名 Powder-Scale Pholiota
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 モエギタケ科ヒメスギタケ属
園芸分類 担子菌類
用途
原産地 日本・北米
花言葉
解説 ヒメスギタケは、モエギタケ科のキノコである。概して春~秋にかけて、広葉樹の腐朽木に発生する。傘・柄ともに同色である。傘の径は1から4㎝程度。表面は、掲載した写真に見られるように粒状の鱗片で覆われている。傘の表面に吸水性はない。等しくモエギタケ科のスギタケ(Pholiota flammans)は食用とされるが、本種の食用の可否は不詳。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考