←トップ頁へ

和名 ヒメコガネツルタケ  
漢字表記 姫黄金鶴茸  
別名・異名
古名
語源 属名は、一説には、シリアとシチリアとの間にあるアマノス山に因んでいるとか。また,別には、キノコ全般を意味する語であるアマニタイに由来しているとも。/種小名は「蜂蜜色の」の意。 
学名 Amanita melleiceps
英名 Honey-capped Amanita
仏名
独名
伊名 撮影地:栃木県栃木市
西名
葡名
漢名 小毒蝿鵝膏菌
植物分類 テングタケ科テングタケ属
園芸分類 担子菌類
用途
原産地 日本・朝鮮半島・中国
花言葉
解説 ヒメコガネツルタケは、テングタケ科のキノコである。概して夏~秋にかけて、マツ、ナラ、シイ等の樹林下に発生する。傘は径3~6㎝程度で、表面は帯褐黄色~帯黄土色で、周辺部は淡色となり、白色~淡黄白色で粉質のいぼをつける。柄は基部で膨らみを見せ、白色粉質のつばをつける。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考