←トップ頁へ

和名 ヒメカタショウロ
漢字表記 姫堅松露
別名・異名
古名 撮影地:都内葛飾公園→
語源 和名は、小形で、皮の堅いショウロ(Rhizopogon rubescens)の意。/属名は、ギリシャ語のskleros(=堅い)とdermos(=皮)の合成語から。/種小名は、「ホコリタケに似た」の意。
学名 Scleroderma lycoperdoides
英名 Leopard earthball fungus 撮影者:東京都 中村利治様↑ 
仏名 Sclérodeme aréolé  撮影:GKZ↓/撮影地:栃木県壬生町
独名 Leopardenfell-Hartstäubling
伊名 Scleroderma lycoperdoides
西名 Escleroderma areolado
葡名
漢名 馬勃状硬皮馬勃
植物分類 ニセショウロ科ニセショウロ属
園芸分類 腹菌類
用途 食用不可
原産地 北半球一帯
花言葉
解説 ヒメカタショウロはニセショウロ科のキノコである。概して夏~秋に、シイ、カシ等の林下に発生する。形状は球形~扁球形で、柄は短くほとんど目立たない。頭部は1~5㎝程度で、表皮は淡褐色~黄褐色の地にひび割れが入り、小さな暗褐色~赤褐色の鱗片をつける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考