←トップ頁へ

和名 ヒメホコリタケ
漢字表記 姫埃茸
別名・異名
古名
語源 和名は、小形のホコリタケの意から。因みにホコリタケとは、頂部の孔から埃のように見える胞子を出す事からと推測される。/属名はギリシャ語のlykos(=オオカミ)とperdon(=放屁)の合成語からで、袋を押すと胞子を吹き出す様子から。/種小名はギリシャ語で「冬季の」の意だが、何故なのか不詳。
学名 Lycoperdon hiemale 栃木県佐野市にて
英名 Meadow puffball
仏名 Vesse-de-loup à diaphragme
Vesse de loup des prés
独名
伊名
西名
葡名
漢名 冬季馬勃
植物分類 ホコリタケ科ホコリタケ属
園芸分類 腹菌類
用途 食用可
原産地 汎世界的
花言葉 埼玉県行田市:古代蓮の里にて↓
解説 ヒメホコリタケは、ホコリタケ科のキノコである。概して梅雨時~秋にかけて草地や林の周辺に自生の見られるキノコである。形状は径1~2㎝程度の球状から扁球形である。始め白色でやがて黄褐色となる。外皮は粉状物或いは刺状物の集合で覆われるがやがて剥落する。  
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考