←トップ頁へ

和名 ヒメヒガサヒトヨタケ※
漢字表記 姫日傘一夜茸
別名・異名
古名
語源 和名は、小形の一夜茸であり、傘の形状が日傘のようだからか/。和名2は、ヒメヒガサヒトヨタエよりも胞子が小さいことから。/属名は、ギリシャ語のcopros(=糞)を語源とし、獣糞上等に生えることからと言う。/種小名は「扇たたみの」の意。
学名 Coprinus plicatilis
英名 Pleated inkcap mushroom
仏名 Coprin plié,Coplin plissé
独名 Scheibchentintling
伊名 Coprinus plicatilis
西名 Coprino plegado
葡名
漢名 褶紋鬼傘
植物分類 ヒトヨタケ科ヒトヨタケ属
園芸分類 菌植物
用途 備考欄参照
原産地 汎世界的に分布
花言葉
解説 ヒメヒガサヒトヨタケは、ヒトヨタケ科のキノコである。概して春~秋にかけて、人里の芝生や路傍に地生する小形のキノコである。傘径は1㎝程度。傘は淡灰白色で、中央部は茶褐色となる。傘の表面には放射状に溝線が走る。ヒトヨタケの仲間は2,3日で黒インクのように液化してしまうが、本種は1週間程度は変化せず、やがて傘が薄い紙のようになる。ひだは灰色~灰黒色で疎らに付く。柄は、白色で長さ4~7㎝程度。 群馬県館林市:彫刻の小径にて
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※掲載した写真は、コツブヒメヒガサヒトヨタケ(Coprinus leiocephalus)なのかも知れない。両者は良く似ているが、顕微鏡で観察すると、ヒメヒガサヒトヨタケよりもコツブヒメヒガサヒトヨタケの方が遙かに胞子が小さくなると言う。