←トップ頁へ
和名 ヒビワレシロハツ
漢字表記 皹割白初
別名・異名
語源 和名は、傘にひび割れが生ずるシロハツ(Russula delica)の意から。/属名はラテン語のrussus(=赤色)を語源としている。/種小名は「白色で網状の凹みのある」の意。
学名 Russula alboareolata  
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名   
 漢名 白紋紅菇
植物分類 ベニタケ科ベニタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 日本/台湾
花言葉 群馬県館林市にて
解説 ヒビワレシロハツは、ベニタケ科のキノコである。概して初夏にシイやカシ林下に発生する。傘は径5~8㎝。傘の表面は白色で、粉をまぶしたようであるが、濡れると粘性が出る。傘は生長すると表皮にひび割れが出来て、周囲に溝線が生ずる。ひだはやや疎らで、白色。柄は長さ3~5㎝程度で、表面には皺状の縦筋が入る。肉は軟質である。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考