←トップ頁へ

和名 ベニチャワンタケモドキ   撮影地:タイ・カオヤイ国立公園
漢字表記 紅茶碗茸擬
別名・異名
古名
語源 和名は、ベニチャワンタケに似ているが別のキノコであるため。/属名は、ギリシャ語のsarco(=肉)とscypha(=カップ)の合成語から。/種小名は「西の、西方の」の意。
学名 Sarcoscypha occidentalis
英名 Stalkede cup,
Western scarlet cap
仏名     撮影者:東京都 中村利治様
独名  
伊名
西名
葡名
漢名 小紅白毛杯菌
植物分類 ベニチャワンタケ科ベニチャワンタケ属
園芸分類 担子菌類
用途
原産地 日本・朝鮮半島・中国・東南アジア・北米・熱帯アメリカ
花言葉
解説 ベニチャワンタケモドキは、カバノキ科の樹下に発生するキノコである。傘径は6〜15p程度。成熟すると平開する。橙黄色〜朱赤色地白色のいぼを見せる。柄は白色で、基部は膨らむ。有毒キノコとしても知られている。ただ、食用キノコのタマゴタケと似ているため、間違って食し、中毒症状を起こすことも多い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考