←トップ頁へ

和名 オオシロカラカサタケ
群馬県館林市にて


漢字表記 大白唐傘茸
別名・異名
語源 和名は、カラカサタケに似た形状で大形であり全体的に白色であることから。/属名はラテン語のchlorophyll(=葉緑素)の意で、胞子紋が帯緑色となることから。/種小名は「鉛の」の意。
学名 Chlorophyllum molybdites
英名 false parasol,green-spored parasol
仏名 Lépiote de Morgan
独名 Grünsporschirmlinge
伊名
西名
葡名
漢名 大青褶傘
植物分類 ハラタケ科オオシロカラカサ属
園芸分類 担子菌類
用途 有毒茸
原産地 北半球全般
花言葉
解説 オオシロカラカサタケは、ハラタケ科の担子菌類である。概して夏場に、草地に発生するキノコである。傘は5~25㎝と大形である。幼菌時は球形、やがて饅頭型を経て平開するが、平開時には中央部が盛り上がる形状を見せる。表面は乾燥し、褐色を帯びた白地に淡紫褐色の反り返った鱗片をつける。襞は幅広く隔生する。襞の色は最初白色で、やがて汚青緑色を帯び、その後に汚灰緑色となる。柄は長さ10~20㎝程度、上方に可動性のつばを持ち、下方は太くなる。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考