←トップ頁へ

和名 オオゴムタケ 本種の自生写真をお持ちの方、
ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
漢字表記 大護謨茸
別名・異名
語源 和名は、黒褐色で弾性があることから。/属名はフランスの菌学者Marcelle Louise Fernande Le Galの名に因んでいる。/種小名は「セレベス島の」の意。
学名 Galiella celebica
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様 
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 大胶鼓,小孢蓋爾盤菌
植物分類 クロチャワンタケ科(←オオゴムタケ科)オオゴムタケ属
園芸分類 子嚢菌類
用途  食用
原産地 日本・台湾・朝鮮半島・中国~東南アジア
花言葉
解説 オオゴムタケは、クロチャワンタケ科(←オオゴムタケ科)のキノコである。本種は熱帯・亜熱帯系のキノコで、概して春~秋に比較的湿り気のある林内の切り株や倒木に発生する。初めは球形であるがやがて上部に小孔があき、成長するにつれ、頂部に平坦な面が顕れる。この平坦な面で小嚢が作られる。全体的に黒褐色で、ゴム質の弾力があるのが名前の由来となっている。形状は径4~7㎝、高さ3~4㎝程度の円錐形で、外側には褐色の毛を密生させる。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考