←トップ頁へ
和名 イタチナミハタケ  
漢字表記 鼬波稜茸  本種の地生時写真をお持ちの方、
別名・異名  ご提供下さい。
古名    連絡先はメニュー頁にあります。 
語源 和名は、傘の色合いとヒダの様相とからの命名と推測される。/属名は、ラテン語のlentus(=柔らかくて丈夫な)を語源としている。/種小名は「熊の」の意で、傘の色合いを示している。 
学名 Lentinellus ursinus
英名 Bear lentinus
仏名
独名 Geschichteter Zähling,
Filziger Zähling
伊名 撮影者:東京都 中村利治様
西名 撮影地:筑波実験植物園
葡名
漢名 北方小香菇、绒毛扇菇
植物分類 ヌメリガサ科ミミナミハタケ属
園芸分類 担子菌類
用途 食用
原産地 日本、中国、ヨーロッパ北部、北米
花言葉
解説 イタチナミハタケはヌメリガサ科のキノコである。概して、夏~秋に、広葉樹の枯れ木に発生する。柄は殆ど無く、傘は径1~4㎝程度で、表面は褐色、柄の基部辺にビロード質の毛を密生させる。襞の縁部は鋸歯状となる。 
履歴  
県花・国花  
古典  
季語  
備考