←トップ頁へ
和名jp アズマタケ
群馬県館林市:彫刻の小径にて
漢字表記 東茸
別名・異名
another name
古名 old name  
語源
etymology
和名の語源不詳。恐らく旧学名の種小名orientaris(=東洋の)からの意訳かと思われる。或いは、その逆で、日本や中国にのみ見られるキノコであることからorientaris(=東洋の)の種小名がつけられたのか。
属名からでOnniという人名に因んでいるが、詳細不詳。
種小名については不詳。ラテン語のvallatus(=柵をめぐらされた、固められた)を語源としているものと推測される。
学名sn Onnia vallate
(=Onnia orientaris)
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 東方纎孔菌
硬褐瓣昂尼孔菌
植物分類 タバコウロコタケ科(←キコブタケ科)ニセカイメンタケ属
園芸分類 担子菌類
用途use
原産地
distribution
日本/中国
花言葉
解説
description
アズマタケはタバコウロコタケ科の茸である。概して夏~秋にかけてアカマツの地面近くの根から発生し、根や心材を白く腐らせてしまう。傘は径3~12㎝程度で、表面は幾分凹み、同心円状の浅い溝があり、黄褐色である。管孔面は傘表面より単色となる。柄は2~5㎝で傘表面と同色。概して全形は独楽状となることが多い。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考