←トップ頁へ

和名jp アワタケ
撮影者:ポルトガル在住/武本比登志/睦子様
漢字表記 泡茸・粟茸
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名の語源不詳。(管孔の様子からの命名か?)
属名はギリシャ語のxeros(=乾燥)とcoms(=束毛)の合成語から。
種小名は「ややビロード状の」の意。
学名sn Xerocomus subtomentosus
英名en Suede bolete,
Brown and yellow bolet,
Boroing brown bolete,
Yellow-cracked bolete
仏名fr Bolet subtomenteux
撮影地:ポルトガル・セトゥーバル郊外 
撮影:GKZ/群馬県館林市にて↓
独名de Ziegenlippe,
Filzige Röohrling
伊名it Xerocomus subtomentosus
西名es Boleto subtomentoso,
Onddo bigun
葡名pt Boleto-dee-carne-amarela
漢名ch 絨蓋牛肝菌
植物分類 イグチ科アワタケ属
園芸分類 原茸類
用途use 食用
原産地
distribution
北半球
花言葉
解説 
description
アワタケはイグチ科のキノコである。概して夏~秋に広葉樹林下に地生する。傘は径3~15㎝程度となる。傘は、半球形~饅頭形~平開となり、表面はビロード状で黄褐色~淡オリーブ褐色となり、湿り気の多い時には粘性がある。本種は傘がひび割れることも多く黄色い肉部を露出する場合が多い。柄は中実で、長さ5~10㎝程度で、淡褐色の条線模様が入る。管孔は黄緑色を帯びていて、傷つくと青変する。肉は淡黄色で比較的柔らかであり、無味無臭である。本種はアミタケに良く似ているが、味はアミタケに劣る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考