←トップ頁へ
和名jp アンズタケ  栃木県三毳山にて


漢字表記 杏茸
別名・異名
another name
語源
etymology
和名は、本種はアンズの匂いを発することから。
名はラテン語のcantharus(=杯)から。
種小名は「食べられる」の意。
学名sn Cantharellus cibarius
英名en Chanterelle
Golden chanterelle、
Girolle
仏名fr Chanterelle comestible
独名de Echter Prifferling
Eierschwamm
伊名it Finfeiro
Galletto
Gallinccio,
Glallareello
Gialetto e Giallino
西名es rebozuelo,Anacata
Chantarela
葡名pt Cantarel
Cantarelas,
Canérios
Sanchas
漢名ch 鶏油菌
植物分類 アンズタケ科アンズタケ属
園芸分類 担子菌類
用途use 食用
原産地
distribution
汎世界的
花言葉
解説description アンズタケは、アンズタケ科のキノコである。概して夏~秋にかけて林内の地上に発生する。本種の新鮮なキノコはアンズの匂いがすることが名前の由来となっている。北半球には広く発生し、食用とされる。傘は径3~8㎝程度。中央部はやや凹みを見せる。傘の縁部は、千切れたり、波を打ったりする。傘の色は黄色~橙黄色。襞は不規則で柄に長く垂生する。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考