←トップ頁へ
和名jp アミガサタケ
漢字表記 編笠茸
別名・異名
another name
チャパキン
ツチボクリ
ミソッコ
ヨウトサイ(羊肚菜)
語源etymology 和名は、頭部の形状並びにくぼみに由来している。
属名はギリシャ語の植物名morchelから。
種小名は「食用の」の意。
学名sn Morchella esculenta Fr.
国立科学博物館にて
英名en morel
仏名fr morille
独名de Morcheln
伊名it morel
西名es cagarria
葡名pt
erva-moura
漢名ch 羊胆菌、
植物分類 アミガサタケ科アミガサタケ属
園芸分類 盤菌類
用途use 食用
原産地
distribution
北半球の温帯以北
花言葉
解説
description
アミガサタケはノボリリュウ科の茸である。春季に広葉樹林下に群落発生する。食用可。高さは7~15㎝。頭部は類球形~卵形。表面が大きく凹む。くぼみの縁が網目に見える。淡黄褐色~黄褐色。柄は白っぽく、下部はやや膨れる。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
22 341 「編笠茸」
22 342 「編笠茸」
23 146 「茸とももんが」