←トップ頁へ
和名jp アイバシロハツ  撮影者:東京都 中村利治様
 撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 藍羽白初
別名・異名
another name
古名 old name  
語源
etymology
和名は、ヒダが青味を帯びている白色のハツタケの意。因みに、ハツタケ(初茸)とは、他の食用に魁けて発生することからの命名。/属名はラテン語のrussus(=赤色)を語源としている。/種小名は「美味な、快い」の意。/変種名は「灰青色の葉を持つ」の意。
学名 sn Russula delica var. glaucophylla 
英名en
仏名 fr  
独名de Gemeine Weißtäubling
伊名it
西名 es  
葡名pt
漢名ch 粉緑美味紅菇
植物分類 ベニタケ科ベニタケ属
園芸分類 担子菌類
用途use 食用
原産地 
distribution
北半球温帯以北・オーストラリア 
花言葉
解説
description
アイバシロハツは、ベニタケ科のキノコである。概して夏~秋に針葉樹林の林地に発生が見られる。(広葉樹林にも見られることもある。)傘は、初め黄土色の饅頭形で地上から発生し、やがて生長とともに白色と化し、形状も平開し、やがて中央部の凹んだ漏斗形へと変化する。傘の径は10㎝内外程度。ヒダは白色で柄に幾分垂生し密である。柄は白色の平滑で、長さ2~5㎝程度、太くて短い棒状である。柄は、上方に比して下方部分は幾分細くなる。柄の頂部、つまりヒダとの境目片は青緑色をしている。ヒダの縁全体は青緑色をしている。(老菌や幼菌の場合、目立たないことが多い。)肉は白色で緻密である。本種は食用とされるが、本種と良く似ている毒キノコにシロハツモドキがあるが、そちらは柄の頂部が白色である。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考